DXOLabがSonyA6400のセンサーを評価✅QUEENMOBILE
検索
一般的なフィルタ
0
カートは空です

DXOラボはSonyA6400のセンサーを評価します

309
01 / 04 / 2019





DXOラボはSonyA6400のセンサーを評価します
この取引を評価する





DXOラボはSonyA6400のセンサーをレビューします。

a6400-dxomark

導入から約XNUMX年 A6300, ソニー 後継者を立ち上げた A6400。 このデバイスは、レンジファインダーの外観を持ち、前世代から実質的に変更されていないデザインであり、OLED電子ビューファインダーや3インチ921kドットの傾斜タッチスクリーンLCD画像などの同じ機能の多くを共有しています。

もう24.2つの一定の機能は、APS-C Exmor(裏面照射型)CMOSセンサーの100MP解像度です。 このセンサーは、BIONZ X画像プロセッサーと組み合わせて、32000 fpsの連続撮影速度に加えて、102400〜11のわずかに広いISO範囲を提供し、XNUMXに拡張します。

A6400は同じ425点ハイブリッドAFシステムを搭載していますが、この世代はフラッグシップモデルA9の高度なデータ処理機能の一部を採用しています。 A6400は、ソニーが「AIベースの物体認識」技術と呼んでいるものを搭載した最初のカメラモデルでもあります。 改善のほとんどは、AFパフォーマンス、特に人工知能手法を使用して色、明るさ、距離に基づいて被写体を認識するのに役立つアイAFとフォーカストラッキングを目的としています。

ビデオに関しては、Sony A6400は最大4K(UHD)の映画を30 fpsで録画でき、ビニングなしで最大のピクセル処理を実現します。 サンプル ミラーレスカメラ この新しいバージョンは、低速のUHS-Iカードをサポートする単一のSDカードに記録します。

主な仕様:

  • 24.2MP。ExmorCMOSAPS-Cセンサー
  • 位相検出とコントラスト検出を備えた425ポイントのハイブリッドAF
  • 画像プロセッサBIONZX
  • ネイティブISO100-32000(ISO 102400に拡張可能)
  • 連続AFで11fpsで撮影
  • 4K〜30 fpsおよび1080p〜120fpsのビデオ録画
  • XNUMXつのSDカードスロット(UHS-Iをサポート)

概要

スコアボード2

Sony A6400のAPS-CサイズのCMOSセンサーは、NikonD83やSamsungNX7100などの少し古いAPS-Cモデルと同等の、合計1ポイントのDxOMarkスコアを達成します。

ソニーの裏面照射型センサーは、汎用性に優れており、ISO13.7で100EVの広いダイナミックレンジ(風景写真用)だけでなく、ISOでの低照度ISO(スポーツ撮影用)でも印象的です。 1431 –APS-Cサイズセンサーの中で最高。 それでも、55mmフルフレームや中判などの大型センサーを搭載したスケールに配置した場合、マシンは35位にしか着地しません。

24ビットメータリング、A6400(ポートレート用)のセンサーの色深度も優れており、今日のフルフレームの前面照明センサーの一部に匹敵しますが、もちろん、背面の色感度ではそうではありません。 -照らされたフルフレームライン。

画質を比較する

A24と同じ6300MPの解像度で、A6400のAPS-Cセンサーは前モデルと非常によく似た動作をします。 ただし、得られた結果はやや低かった。

色深度が0.4ビットと低い場合、スコア(ポートレートの場合)が最大の違いを示しますが、ダイナミックレンジ(風景の場合)と低照度ISO(スポーツ写真の場合)の両方のポイントにも差異が見られますが、実際にはこれらのスコアは異なります。あまり変わっていません。

下の表では、A24の6400MPセンサーは、NikonD20.9の500MPセンサーにかなり近いスコアを示しています。 ただし、同じ大きなセンサー、色深度、低照度ISO方式を使用しても、ニコンのカメラはダイナミックレンジ領域で少し優れています。

ミッドレンジの24.2MPNikonD5600モデルと同様に、マシンはダイナミックレンジの点でも、少なくともISOの点ではわずかに優れています。 ただし、よく見ると、低照度のISOドット(スポーツ撮影用)に直接反映されていなくても、高ISOレベルでのダイナミックレンジが改善されていることがわかります。

a6400_score

詳細な比較

センサー性能のより詳細な評価のために、DXOラボはソニーA6400をその前身のA6300と比較します。 デジタル一眼レフカメラ と同じ価格のミッドレンジ ニコンD5600.

ポートレート(色深度)

ソニーA6400は、A6300と同じボディ、ピクセル数、および同じ性能を発揮するAPS-C BSI CMOSセンサーを含む多くの機能を備えていますが、感度の点で結果は大きく異なります。.

ベースISOでは、A6400は24.1ビットの最大色深度に達し、A0.4と比較して6300ビットの違いがあります。 ISO 1600では、差は1.4ビットですが、XNUMXつの差は引き続き感度範囲です。

a6400_cs

A6400の色応答が低いということは、マシンがA6300と同じ数の色を区別できないことを意味します。この点は、特に色の組み合わせ間の色の変化において、画像で明確でない場合があります。 これは、A6400がA6300よりも高いノイズを読み取るため、前世代の色感度が制限されるためです。

真剣に、ニコンD5600もA6400よりも色を区別しますが、背景では0.1を少し超え、ISO 0.3で200ビットのピークがあり、写真ではほとんど目立ちません。

風景(ダイナミックレンジ)

バックグラウンドレベル(ISO 13.6)で100 EVを計測する機能を備えた、A6400は、6400つの画像で広い色調範囲をキャプチャできるため、非常に優れたダイナミックレンジを備えています。 これは基本的に、ポストプロダクションでAXNUMXで撮影した画像を、ダイナミックレンジが低く、ノイズやバンディングが少ない画像で調整する場合に、より多くの露出を意味します。

バックグラウンドでのNikonD5600よりもわずかに低いですが、A6400は、バックグラウンドノイズが高くても、ISO 6300までのA200とほぼ同じです。また、ISO 800では、A6400の応答性はISO全体で優れています。 1600以降、両方のソニーモデルはISO 12800まで同じように動作し、この時点でA6300が少し支配的です。

a6400_dr

のカメラモデルながら ニコン バックグラウンドISO(100)で6300つのモデルすべての中で最も広いダイナミックレンジを備えているため、Sony A6400およびA6400は、高ISOでの柔軟性が高く、A0.5は有用な低ISOでも十分に機能します(これについては議論の余地があります)。 違いはそれほど大きくはありませんが(約XNUMX EV)、状況によってはそれが明らかになります。

スポーツ(ローライトISO)

最高の感度パラメータを除いて、12800台のマシンはすべて同様の信号対雑音比(SNR)を共有しています。 ISO 6300付近では、A5600の低ノイズレベルはNikon DXNUMXよりも目立ちますが、ソニーのXNUMXつのモデルで撮影した写真では目立たないようです。 ただし、低ノイズとdを組み合わせる場合A6400の高感度設定での広いシナミック範囲は、スポーツ撮影の観点から、明るい画像の後処理に関しては、ニコンD5600よりも多くの利点があるようです。

a6400_snr

結論

ソニーA6300とA6400を比較する人は誰でも、結果が非​​常に興味深いことに気付くでしょう。 XNUMXつのモデルは同じセンサー解像度を共有し、全体的な結果はほぼ一致していますが、測定値は同じではありません。

A6300よりもわずかに高いバックグラウンドノイズにもかかわらず、新世代のA6400は、非常に有用なISO感度設定と優れた低照度ISOの範囲にわたる広いダイナミックレンジを組み合わせた、より優れたパフォーマンスのセンサーを備えています。 被写界深度には直接的な影響がありますが、A6400は非常に心地よい画像を提供する能力を保持しています。 上記の機能とAFシステム、11 fpsの連続撮影速度、手頃な価格を組み合わせることで、SonyA6400はスポーツやアクションの写真家にとって魅力的な選択肢になります。

(によると DXOMark)


グループに参加 ZSHOP GROUP –交換–共有–カメラの売買、MACBOOK カメラのニュース、テクノロジー、そして多くの魅力的なプロモーションを受け取る機会について話し合い、更新するために!

DXOラボはSonyA6400のセンサーを評価します
出典:

zShop.vnテクノロジー製品に関するブログ。

Zshopによると

出典: 取引概要

タグ: DXOラボはSonyA6400のセンサーを評価します

回答

メールは公開されません。

興味があるかもしれません
x